HOME > メリット1・メリット2メリット3

更新登録期限のメール通知

5年、10年先の更新登録期限を管理することなんてできない。→「更新登録期限のメール通知」機能があります

商標権の存続期間と更新登録の効果

商標権の存続期間は、商標権の設定登録日から10年間です。このため、何もしなければ商標権は存続期間の満了日に消滅することになります。そこで、商標法には更新登録制度が設けられており、更新登録を行うことによって、商標権の存続期間を、さらに10年延長することができます。つまり、更新登録を繰り返し行うことによって、商標権を半永久的に存続させることができます。

更新登録ができる期間

商標権の更新登録は、原則として存続期間満了日の6ヶ月前から行うことができます。つまり、更新登録を行うためには、商標権の設定登録日の9年6ヶ月後から10年後の期間に手続を行う必要があります。このような期間の期限管理をする必要があるため、管理の負担が大きくなってしまいます。

本サービスのメール通知システム

更新登録の期限管理を行っている商標の中で、手続の期限が近づいているものがあれば、ユーザ登録したメールアドレスに通知されます。通知されるタイミングは、存続期間満了日又は分納満了日の1年前、6ヶ月前及び1ヶ月前です。このため、まず1年前のメール通知により更新登録の期限が来年であることがわかり、更新登録手続の準備に入ることができます。そして、6ヶ月前のメール通知により更新登録ができる期間に入ったことがわかります。さらに、1ヶ月前のメール通知により手続を行い忘れていないかどうかリマインドできるようになっています。

本サービスのメール通知システム

メール通知によるリマインドを行うため、うっかり更新登録の期限を経過してしまって商標権が消滅してしまうことを防ぐことができます。メールチェックをしているだけで、管理商標について、更新登録の期限管理が行われることになるので、効率的な商標の管理を行うことができます。

メール例
更新登録期限通知 メール例

  • 商標管理システムへ登録
  • 手間なく引継ぎできる

ページトップへ