HOME > Q&A

Q&A 商標管理を強力にバックアップします

「更新とうろくん」について

「更新とうろくん」はどのようなサービスを提供しているのですか?
「更新とうろくん」に管理したい商標を設定することによって、存続期間満了日又は分納満了日の一定期間前になったときに、その旨を電子メールでお知らせするサービスを提供しています。
電子メールによる更新登録期限の通知はいつされるのですか?
ユーザ登録したメールアドレス宛に、管理設定した商標の存続期間満了日又は分納満了日の1年前、6ヶ月前及び1ヶ月前の3回通知されます。このため、まず1年前のメール通知により更新登録の期限が来年であることがわかり、更新登録手続の準備に入ることができます。そして、6ヶ月前のメール通知により更新登録ができる期間に入ったことがわかります。さらに、1ヶ月前のメール通知により手続を行い忘れていないかどうかリマインドできるようになっています。なお、期限通知される時期を変更することはできません。
「更新とうろくん」のどの機能までが無料なのですか?
「更新とうろくん」のいずれの機能も無料でご利用できますので、「更新とうろくん」のご利用にあたって、一切費用は発生いたしません。
「ご利用できないメールアドレスです」とのメッセージが出てユーザ登録できません。
「更新とうろくん」は、フリーメールアドレスでのユーザ登録はできません。このため、プロバイダから提供されたメールアドレス等をご利用ください。もし、フリーメールアドレスでないにもかかわらずユーザ登録できない場合は、お気軽にお問い合せください。
登録情報を入力し、仮登録を行ったのですが電子メールが送られてきません。
ユーザ登録したメールアドレスに間違いがないかご確認ください。また、「更新とうろくん」からは、koushin-tourokun.comドメインにてメールが送信されます。このため、ユーザ登録したメールアドレスが、koushin-tourokun.comドメインからのメールを受信できる設定になっているかどうかをご確認ください。
商標登録番号を入力しても、マイ商標一覧に追加されません。
商標登録番号は、「半角数字」で入力する必要があります。ただし、登録情報が特許庁の商標データに反映されていない商標をマイ商標一覧に追加することはできません。なお、更新登録を行ってから特許庁の商標データに反映されるまで約1ヶ月かかります。
マイ商標一覧に追加できる登録商標は何件までですか?
無料でのサービス提供を実現するため、マイ商標一覧に追加できる登録商標は、原則1メールアドレスあたり3件までと制限させていただいております。ただし、弊所へ商標登録出願や更新登録をご依頼いただいたお客様については、ご希望があれば管理商標上限数を増加致します。
通知されるメールアドレスを変更できますか?
「更新とうろくん」のメニューにある、[ユーザ情報の変更]をクリックすることによりメールアドレスの変更をすることができます。メールアドレスを変更した場合、今後ログインするときには変更後のメールアドレスにてログインしてください。
マイ商標の一覧表で、オレンジ色に変化している登録商標の表示欄は何でしょうか?
マイ商標に追加された登録商標のうち、更新登録ができる期間が残り少ない登録商標があることを表しています。具体的には、存続期間満了日又は分納満了日まで残り1ヶ月を切っている登録商標の表示欄がオレンジ色に変化します。もし、その登録商標について更新登録を行っているのであれば、マイ商標に設定されている情報を更新しなければ、次回の更新登録通知を行うことができませんので、改めて商標データを再取得してください。詳しくは、更新登録後の期限再設定をご参照ください。
マイ商標で管理している商標の更新登録を行いましたが、次回の存続期間満了日や分納満了日に対応して電子メールが通知されますか?
「更新とうろくん」は、マイ商標に追加したときの情報に基づいて電子メールの通知を行うため、次回の存続期間満了日についての期限通知を受けるためには、更新登録後の情報を再取得する必要があります。更新登録を行ったことが特許庁の商標データに反映されるまで約1ヶ月かかります。「更新とうろくん」では、マイ商標で管理している商標の存続期間満了日又は分納満了日から2ヶ月が経過したとき、マイ商標のデータ更新を促す電子メールを通知致しますので、マイ商標の情報を更新し忘れる心配はありません。

更新登録制度について

更新登録とは何ですか?
商標権の存続期間は、原則10年です。このため、商標権の更新登録を行わなければ、その商標権は設定登録後10年で消滅することになります。しかし、更新登録を行うことにより、商標権の存続期間は、さらに10年延長されます。つまり、更新登録を繰り返し行うことによって、商標権を半永久的に存続させることができます。
更新登録はいつでも行うことができますか?
商標権の更新登録は、いつでも行うことができるわけではなく、限られた期間でのみ行うことができます。なお、更新登録ができる期間が経過してしまっていた場合、もはや商標権を存続させることができなくなり、その商標権は消滅してしまいます。
更新登録ができる期間はいつですか?
原則として、存続期間満了日の6ヶ月前から更新登録を行うことができます。また、存続期間満了日を経過してしまった場合でも更新登録を行うことができますが、特許庁に通常の倍額の印紙代を支払う必要があります。ただし、存続期間満了日から6ヶ月が経過してしまうと、大地震などによって手続を行うことができなかったというような、自己の責に帰することができないやむを得ない事情があった場合を除いて、更新登録を行うことができません。
更新登録の時期になると、特許庁から通知されますか?
原則として、特許庁から更新登録のできる期間に入ったという通知をされることはありません。このため、「更新とうろくん」のご利用をお勧めします。

その他、ご不明な点があれば、お気軽にお問合せください。

  • 商標管理システムへ登録
  • お問合せはこちら

ページトップへ